Complete text -- "自己啓蒙本とかビジネス書と言うもの"

21 June

自己啓蒙本とかビジネス書と言うもの

お恥かしながら、私は本を読まない人です。
と言っても、以前に比べると”ぼつぼつ”と読み始めてはいるのですが・・・(汗)

こんな私なので、技術参考書はともかく、ビジネス書とか啓蒙本とかは毛嫌いしていました。

でも、読んでみると案外これがw

確かに、
・日常自分が実施している(だろう)事
・何となく考えている(だろう)事
・”そんなの言われなくても分かっているよ!”的な事
が書いてあります。

でも、いざ「自分の言葉で説明」してみようとすると出来ない!
その辺りが明確に説明されているので(中には難解なものもありますが)
”自分のやっている事が確認できる”
と言った安心感を

”世間の(筆者)の考えとの違いを確認できる“
と言った気付きを

得られるのが利点なのかなと思います。

この時、
・鵜呑みにせず「なぜそうなる?自分ではどうする?」を考えながら
・考えが違えば付箋でもなんでも良いので、自分の意見を書き込みつつ
・一方では、馬鹿になって「うんうんw」頷きながら

参考になる部分が1つでもあればいいやと思いながら読んでいます。

こんな事言っている時点で、世間様からは既に出遅れているのですがw

そこは開き直って、出遅れているからこそ
読んでいて「うんうん」頷けない本、全部読むのが苦痛な本は、途中で読むのを止めてしまいます。
次の本を参考にするために。

読んだだけでは何にもならないので、得られた事をイロイロ実践して自分の中で消化していきたいのですが、なかなか大変ですな。

頑張らないとw


タイトルに「頭のいい人はやっているxxxxx」とか付いているとダメかも。
著者が”それに気付いている自分は頭いいんだぞ”と言っているようでw

って、こういう事を考えている時点で、ひねくれていますなw
”啓蒙本”読もっとww
23:00:00 | ackky | |
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)