20 November

Wikipediaに寄付

PayPal経由で寄付しました。

情報の信ぴょう性はともかく、お世話になっているのは確かだからね。

Wikipedia

トップページから、JAP寄付シロyoと言ってきますw

ところで、このHPに出てくるパズルの絵ですが、
各国の「Wikipedia」の最初の発音、日本語では「ウィ」が描かれています。

最初は「ワィ」だったけどw

ワィキペディア

ワィキディア(伊集院光風に)ちょっとカッコイイ!
それとも、本当の発音はこっちなのかな?
教えてNpex!

15:00:00 | ackky | No comments |

09 September

SPIN研修感想

イロイロ勉強にはなったけど、2日ではやはり概要レベルでしか理解できなかったのは正直なところ。

最終的に、会話の節々で聞き取れる「潜在ニーズ」から、強い要望とする「顕在ニーズ」を引き出すのが目的であり、その「顕在ニーズ」は「お客の口から言わせて、後戻りさせない状況にする」のが目的となります。
トレーニングでは「顕在ニーズ」在りきで、ソリューションの特徴から逆引きで質問を作っていくという手法を取りました。

トレーニングで体験をしないと意味がないため、答えを導き出すための質問の作り方を学んだのですね。
確かに、
 コレを導き出すには→こういう質問が必要
この手順をたどれば最終目的の答えを出す事が出来るので、体験している人は「この手法はすごい!」ってなります。
ただ、実際にはこんなにうまく誘導はできない気もします。

だから効果的に使うには、やはり場数を踏まないとダメでしょうね。当たり前ですが。
日本語特有のあいまいさもあり、それが「潜在ニーズ」なのか「顕在ニーズ」なのか分かりにくいのもありその判断をどうするか。
また、ニーズを認識した後、目標(ソリューション)へ、その逆引きを一瞬にして行い、どうやって誘導していくか。会話の中で、方向性はころころ変わりますし。

既に心理学の域に入っていますw

ただ、考え方としては面白かったので、今後少しずつ使ってみようかな・・・と思いました。

[Read more of this post]
23:00:00 | ackky | No comments |

08 September

今日はSPIN研修

今日明日と、「SPIN」研修なるものを受けます。
ここの講師が来て話してくれるようです。
SPIN®研修プログラムについて : 株式会社ケンブリッジ・リサーチ研究所
SPINは

S -> Situation Questions
P -> Problem Questions
I -> Implication Questions
N -> Need-payoff Questions

の略で

「顧客のニーズを顕在化すること」を念頭に置き、クロージングに代表されるシンプルセールスで小型案件の営業手法と対となる手法らしく、最近はFAEなどのプリセールス手法として注目されているんだそうです。

曰く
「単価や総額が高く購入を即決できない大型ビジネスや、ソリューション営業など複雑で簡単に商品の特徴、機能などを説明できないコンプレックスセールスにおいて特に有効です。」

そして
「管理職クラスを含む全ての営業職や経営層が中心ですが、SPIN®技法はセールスのみならず広く応用可能なネゴシエーションスキルです。交渉力の向上を目指すどなたへも広くお薦めいたします。」

と、面白そうです。

眠くならないようにがんばりますw

08:00:00 | ackky | No comments |

21 June

自己啓蒙本とかビジネス書と言うもの

お恥かしながら、私は本を読まない人です。
と言っても、以前に比べると”ぼつぼつ”と読み始めてはいるのですが・・・(汗)

こんな私なので、技術参考書はともかく、ビジネス書とか啓蒙本とかは毛嫌いしていました。

でも、読んでみると案外これがw

確かに、
・日常自分が実施している(だろう)事
・何となく考えている(だろう)事
・”そんなの言われなくても分かっているよ!”的な事
が書いてあります。

でも、いざ「自分の言葉で説明」してみようとすると出来ない!
その辺りが明確に説明されているので(中には難解なものもありますが)
”自分のやっている事が確認できる”
と言った安心感を

”世間の(筆者)の考えとの違いを確認できる“
と言った気付きを

得られるのが利点なのかなと思います。

この時、
・鵜呑みにせず「なぜそうなる?自分ではどうする?」を考えながら
・考えが違えば付箋でもなんでも良いので、自分の意見を書き込みつつ
・一方では、馬鹿になって「うんうんw」頷きながら

参考になる部分が1つでもあればいいやと思いながら読んでいます。

こんな事言っている時点で、世間様からは既に出遅れているのですがw

そこは開き直って、出遅れているからこそ
読んでいて「うんうん」頷けない本、全部読むのが苦痛な本は、途中で読むのを止めてしまいます。
次の本を参考にするために。

読んだだけでは何にもならないので、得られた事をイロイロ実践して自分の中で消化していきたいのですが、なかなか大変ですな。

頑張らないとw


[Read more of this post]
23:00:00 | ackky | No comments |

19 June

ノート、メモ、そして情報の集約

みなさん、ノート・メモ類の整理はどうしているのでしょう?

仕事をする上で、ノート、メモを取らない人はいないと思います。
(頭がいい人は除く)

私も普通のノートを活用しているのですが、一つにまとまっているのは良いのだけど、見辛い感じがしていてどうにかならんものかと思っているところなのです。

つまり、一つのノートに

・ミーティングメモ
・動作実験結果(ローカル/客先)
・トレーニングメモ
・スケジュール

その他諸々が時系列で書かれているわけですが、書き込む量が多いためか、情報を見つけるのに苦労します。
(ここら辺に書いてあった気がする・・・と当たりをつけて探すので)
これを少しでも探し易くするために、客先毎に順番を入れ替えたり、項目ごとにまとめたりしたいのです。

世の中「モレスキン」やら「ロディア」を使って情報収集・整理を行っている人たちが多いですが、自分の場合は泥臭く「ルーズリーフ」形式が良いんでは?
と思っています。

一方で、書き込みが多いとも感じているので、論理的な”メモの取り方”、”情報のまとめ方”などを勉強するのも良い機会かなと。

本当に今更なんですけど、年取ってきて、思考が飽和してきてしまったんですw

メモを上手に取ってまとめる事が出来る人は、本当にすごいですよね。

23:00:00 | ackky | No comments |