Archive for 03 May 2010

03 May

XPERIAの電源確保

XPERIAを購入してから1月経ちました。
色んなアプリをインストール&アンインストールを繰り返し、使用環境も整ってきて概ね満足しているのですが、反面、XPERIAの電池持ちの悪さが気になり始めました。
通常使用(Gmail、Web、マップを使用)で、大体半日で50%の消費となり、設定の変更で対応するものの自分の使い方とのトレードオフを考えると限界に近くなってきました。

昔ほどではないにせよ、モバイル機器の電源確保は頭を悩ませます。
そこで、どこでも充電が可能な一番効率のよい(手持ちの機材で)運用方法を考えてみました。

■AC充電器(付属品)を持ち歩く
AC電源確保ができるなら一番確実です。出張時ホテルで充電する時などは良いでしょうね。それに出先でも昔に比べるとAC電源の確保が容易になりました。

■MicroUSBケーブルと外部充電手段を持ち歩く
これは注意が必要です。
充電元がPCなのか、市販AC-USB変換器(外部バッテリーもこれに含まれる)なのかに依ります。

(1)PC(またはUSBハブ)を持ち歩いていて、そのUSB端子に接続する場合
MicroUSBケーブルをUSB端子に接続する事で充電可能です。もちろんSyncも可能です。

(2)市販AC-USB変換器(外部バッテリー)を使う場合
充電器側かコネクタ側での”D+/D-ショート”する手段が必要です。
(参照「USB充電器の設計技法 | EDN Japan」)

PCの場合は、D+/D-とVbusは接続されているので通常接続になり、Syncも充電も可能です。
しかし、AC-USB変換器(eneloopブースター等も)は”大抵が”Vbusのみの出力であるため”D+/D-ショート”されておらず、AC-USB変換器を端末側が「USB充電専用器」として検出できず、充電制御に遷移出来ないのです。

ただ、AC-USB変換器や外部バッテリーでも内部で処理を行っている物もあるようで(参照「PocketGames([Xperia_Report] Xperia の充電環境)」)、「ポケットアダプター「デュアル」EX(5V、2A)」や「ポケットバッテリー 4400mAh」+MicroUSBケーブルならOKとのこと。(試していませんが)

以上を鑑みて、私の手持ちの機材で汎用的な運用ができる組み合わせを考えたら以下のようになりました。
この構成で、携帯電話の充電(docomo/SBM/au)、一般的なMiniUSB端子付き機材の充電、MicroUSB端子付き機材の充電が可能です。

・電源
SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS
→ 言わずもがな外部バッテリーとして。出力専用だけど、いざとなれば乾電池でもOK?

・ケーブル
「適当なMiniUSBケーブル」と「昔買った充電器に付いていたケーブル」
→ MiniUSBケーブルはPCとのSync用。XPERIAとつなぐ時は、「Micro-USB変換アダプタ(mini USB Bタイプ)(通信・充電切替スイッチ付き) HAMIBMCBSW」を噛ませる。
  色んな端子が付いたケーブルは携帯充電も出来ていざというとに便利だが充電専用。

・MicroUSB変換アダプタ
Micro-USB変換アダプタ(mini USB Bタイプ)(通信・充電切替スイッチ付き) HAMIBMCBSW
→ D+/D-ショートに必要。これを噛ませることで、XPERIA(というか、MicroUSBを充電端子として使う端末)で充電が可能になる。
  「Micro-USBケーブル(通信・充電切替スイッチ付き) MBCSW」でも可能。

充電機材

これを100均で買った、低反発ペンケースに入れて持ち歩いています。

ペンケース

今後はケーブルを「GREEN HOUSE 携帯電話 USB充電ケーブル(6コネクタ+MiniB5タイプ) GH-USB-7AD」に変えて、iPodTouch(iPhone)にも対応したいと思っています。
まぁ、iPodTouchはかなり電池持ちしますけど、念には念をということでw

11:00:00 | ackky | 2 comments |